マイナンバー検定の難易度・合格率・試験対策

マイナンバー検定の難易度・合格率・試験対策
MENU

マイナンバー検定の難易度・合格率・試験対策

マイナンバー検定

今、かなり話題にもなっているマイナンバー制度ですが、そのマイナンバー制度の検定試験というものがあるのをあなたはご存じでしょうか?

 

マイナンバー検定は、個人情報や罰則、企業のことなどを中心に様々なことを理解するための検定ですが、その難易度というものも気になりますよね?

 

マイナンバー検定とは?

マイナンバー検定難易度

マイナンバー検定は、一般財団法人 全日本情報学習振興協会が主催するマイナンバーに関する知識を学ぶためや一定の知識を有していることを証明する為の検定試験です。

 

マイナンバー検定は、1級・2級・3級とあり、それぞれマークシート方式です。3級は、比較的易しく、一般社会人レベルという設定なのでそこまで苦労することはないかもしれません。

 

マイナンバーが仕事で関連してくる方の場合、2級もしくは1級が必要になります。1級はマイナンバーを管理し実務で扱う方のレベルです。2級は、マイナンバーを直接扱うことはないが、業務に関連してくる方であれば必要ともいえる知識です。

 

マイナンバー検定の合格率や難易度は?

マイナンバー検定難易度

気になるマイナンバー検定の合格率は?

マイナンバー検定の合格率は、残念ながら現在のところ公開されていません。

 

ですので、級ごとのレベル感や対象をもとに推測して学習するしかありません。

 

級ごとの難易度やレベル感

●1級
試験が二時間もあるために、かなりの問題数を解かなければいけないために、これは個人情報やマイナンバー制度のことをかなり理解している人でないと難しいです。マイナンバーはセンシティブな情報ですので、マイナンバーの管理実務を行うのであればこのレベルの知識を持ってほしいものです。

 

●2級
試験時間は90分ですが、1級に比べると範囲も狭まります。マイナンバーが仕事で関連してくる方は必須・ちょうどいいともいえるレベルです。

 

●3級
3級はマイナンバー制度のことをまだそこまで理解できてはいない人や、初心者向けの検定ですので、やはり3級であれば、ビジネスマンの常識レベルとして知識を身に付けたいという方は、まずはここからスタートをするのもいいかもしれません。

 

第一回検定試験の行われた2015年8月です。今のうちからマイナンバーのことをより理解していくためにも、このマイナンバー検定というものを受験するのも大切なことでしょう。検定を受けるにあたって、当然その対策として勉強をしなくてはなりませんが、マイナンバーに関する知識は今後必要になってきますので、やりがいのある検定になります。

 

マイナンバー検定の学習方法は?

マイナンバー検定難易度

マイナンバー検定の学習方法は、公式テキストや問題集が発売されていますので、そちらを購入して学習するのが効率的です。

 

また、まずは問題を解いていくというのが、勉強時間の短縮には効果的です。出題傾向に慣れるということから始めましょう。

 

⇒ マイナンバー実務検定公式テキストはコチラ

 

 

マイナンバー検定についてのさらに詳しい情報
マイナンバー検定ガイド

 

 

 

更新履歴
このページの先頭へ